テーマ:ブログ

NLPプラクティショナー5月平日集中クラス

桜も舞い散るこの頃、道端には芝桜が・・

 

さて、今年新たにと思ってる方のための5月に学ぶコース

5月は平日連日のクラス
月曜~木曜の4日間を2週にわたり学びます。

そうそう、集中して学ぶのも終えたときの達成感がより増して良いという方もいました。
いずれにしても、あっという間の8日間になることでしょう。
自分を変えたい人
さらに対人支援に関わっていきたい人

この5月一緒にスタートしませんか

 

受講案内はこちら

 

nlp資格プラクティショナーコース_青山ココロコート

NLPプラクティショナー6日目(メタモデル)

「メタモデル」
NLPのスキルの中でも、創始者リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが初めて開発したスキル。家族療法で名の知れているヴァージニア・サティアとゲシュタルト療法のフリッツ・パールズをモデリングしたスキルです。
「魔術の構造」という本におさめられています。

 

どんなスキル?なのというと
12のパターンからなる質問技法でもあります。

人は体験した情報を歪曲したり、省略したり、一般化したりして言動することがありがちです。

言動していることは意識化されていることであり、つまり顕在意識です。
そして、もともとの体験は潜在意識にあることがほとんどだったりします。

例えば、今現在「背か低いからもてない」
と言っているのは、過去にそんな体験があったかもしれません。
父親から「たくさん食べて大きくならないともてないぞ」なんて。
そして、背が低くてもてていないことではない体験の情報は省略し、ねじ曲げ、あたかも全てにおいてそうなんだと一般化してしまっているのです。

メタモデルでは
今の生きづらくしている思い込み、信念ならば、その情報を回復し、こういうこともあるよね、といった選択肢を広げることで、新たな気づきがえられる質問技法なのです。
情報回復⇒選択肢を広げるまで12のパターンを習得していきます。

 

習得することで、自分の思い込や相談相手の悩みに対して、新たな気づきによりフレームを広げられる質問の投げかけがしやすくなります。

カウンセリングでは一般的に「開かれた質問」「閉ざされた質問」のパターンを学ぶことが多かったりします。これだけをとっても、使い方には意図があります。
カウンセリングの中でも認知行動療法ですと、いくつかの質問技法があります。
メタモデルでは、それに加えての質問技法が習得できるものです。

 

青山ココロコートでは、カウンセリングの質問の意図も含めて、様々なシチュエーションで活かせる質問技法として習得できます。

 

ご感想

  • 質問の仕方で人に与える影響の違いを思い知った!自分とのコミュニケーションを変えることで相手にまさに変化を与えるんだな、と実感できた。
  • 今のセラピストとして力となると思えた。
  • 子供の接し方というか、自主性とか考える力とか、投げかける言葉、質問の仕方でも活かせるので今知れて良かった。
  • うつの認知的アプローチの話もあり、自分にぴったりで自分の思い込みに気づけたのと、自分にメタモデルをしてくと、今の私の考えや悩みが馬鹿らしくなりました。

……

7日目は「時間」がテーマです

 

nlp資格プラクティショナーコース_青山ココロコート

恐怖症の対処(フォビュア)と葛藤の統合

5日目は、恐怖症の対処(フォビュア)と葛藤の統合をメインに学びます。

フォビアは、トラウマ、思い出して辛いことなど、知らず知らずのうちに引き起こしてしまう恐怖に対処するスキルです。
私もパニック障害でついついつらい体験を思い出してか電車や床屋などでは、わかっていても表現しようもない辛さに見舞われていました。
今こうして活動できるのも、このスキルも一つとして役立っています。
3日目のスイッシュパターンやアンカリングも恐怖症の対処として使えるスキルです。
フォビュアでは、二重分離やサブモダリティの変換、アンカリング、タイムラインの概念を使います。二重分離とは自分から自分の姿を眺めてる自分をも見ていくイメージです。
例えば、ホラー映画。結末のわかってる映画はどうですか?ホラー映画としては面白味がありませんよね?
こんな心理も取り入れてるのがフォビュアなんです。

そして葛藤の統合のスキル、ビジュアルスイッシュ。
健康でいたい。でもついつい食べちゃう。
やめようと思ってもできない自分を否定したり…
どちらも自分にとっては肯定的な意図があります。無意識の行動をとるものにも肯定的な意図はあるのです。
自分を許す。そして新たな行動をとるかもしれない気づきも含めてのスキルです。

 

感想レポート

  • 葛藤の統合では、自分のマイナスと否定していた部分が認められると気持ちが楽になりました
  • 自分の根底の信念や目的が明確になった!ブレない自分でいられそう。
  • これまでの五日間で、圧倒的に否定的な言葉や行動が減った
  • フォビア、葛藤の統合ともセラピーの仕事に活かせそう
  • これまでの授業で、仕事も家庭も充実して感じられます
  • ダイエットが持続できて効果も見られる
  • 楽しく学べてます

……

nlp資格プラクティショナーコース_青山ココロコート

ミルトンモデル

NLPプラクティショナーコース4日目はミルトンモデル。

 

ミルトンモデルは現代催眠でも知られる催眠療法家であるミルトン・エリクソンをモデリングしてできたスキルです。
つまり現代催眠といわれる話術でもあります。
主には「無意識に肯定的なメッセージを届ける話術」「リソースを引き出す話術」
特徴は一言で`曖昧`

 

一つの例として
「温かいお茶か冷たいお水、どちらになさいますか?」
私がカウンセリングでクライエントにお茶を出すときに尋ねるときの言葉です。
これを「お茶でもどうですか?」と尋ねた場合、遠慮される方もいることでしょう。
「…又は…、どちらになさいますか?」で
つまり、お茶を飲んでください。というメッセージを跳ね返されることなく届けているわけです。

いかに抵抗なくメッセージを組み込むか、いかにその人の中から情報を引き出すか
そんなスキルがミルトンモデルなのです。

 

講座では
ミルトンモデルの考え方について、スコープやカテゴリー、認知理論を通してしっかり理解をはかります。
その上で、話術について事例と共に使えるものとして理解を深めます。

さて、
もう既にすっかりミルトンモデルの入口を理解していることがわかりますか?

わかりません。と言ったとしても、理解していることは受け入れてることになります。
これも、ミルトンモデルの1つです。

 

感想レポート

  • 日常の会話でいかに否定的な影響を子供に与えていたかと、見直すきっかけにできた
  • 自分のコミュニケーションを変えることが人に影響を与えることが良く理解できたし、これから生活の中やセラピー活動でも使えそう
  • 日常で早速使ってます
  • 仕事での説得力や交渉力に活かして使います!
  • 悩みやすいけど、カテゴリーの話でとっても救われた気がしました

nlp資格プラクティショナーコース_青山ココロコート

NLPプラクティショナー3日目

NLP3日目 テーマは状態

 

プレゼンで緊張してしまう

大きな舞台で力が出せない

電車の中で不安・・・

 

望ましい状態を意図的につくれるとしたら。
自然に引き起こしている状態を取り除けるとしたら。

こんな手に入れたい状態をつくることを今日はしていきます。

 

主には「スイッシュパ ターン」と「アンカリング」というスキル。

スイッシュパターンでは、頭の中で再現する視覚・聴覚・ 体感覚を構成する要素(サブモダリティとよんでます)を利用していきます。

ついつい止められない強迫的な行動や、ついつい思い出して嫌な気持ちをなくしたいことなどに適用できます。

そして、アンカリング。
これまでのパーソナリティ、 つまり引き起こす無意識にとっている言動もアンカリングによるものと言えるでしょう 。
こうなったらこうする。
ここにはこう反応する。
といったことがほぼ自動的に起きてるのです。でも、 その自動反応はこれまでの環境で学んできたものが大きいのです。
アンカリングという呼び名は船のいかりからきています。 そこにとどめるということ。
意図的に望ましい状態を引き出す。
ついつい引き起こす嫌な気持ちを打ち消す。
といったことに役立つスキルを習得します。

必要なときに意図的に引き出すことで、 より自分の能力が発揮できるのです。

 

次回は無意識にメッセージを届けるミルトンモデルです。

感想レポート

  • アンカリングは、直したい癖を正すことができるので早く起きること、無駄なアプリをやることが減らせそう!他人にもこの方法を用いて導いてあげれそう!
  • セラピストをしているが、クライアントにアンカリングが活かせた
  • スイッシュパターンのワークをして、無駄な買い物がなくせた
  • 脳の仕組みを知ることで、案外簡単に考えや思い癖を変えられるんだ!と実感した。できないと思い込んでいるのも自分なんだなぁとわかった。
  • 主人とこれまでのNLPを学んできて、未来や目標、お互いの価値観など深い話ができるようになった。他者の価値観をそのまま受け入れることができる結果だと思えた。
  • ワークをしてから、やめられない習慣が簡単にやめられました!
  • セラピストとしてクライアントに向き合う受容力がそなわってきました
  • これまでの学びからか、風景がどんどん変わっているように思えます。
  • NLPコーチングやメタアウトカムのこれまでのスキルと合わせてか、1つのことに執着しなくなりました!

nlp資格プラクティショナーコース_青山ココロコート

NLPプラクティショナーコース2日目

NLP2日目のテーマはキャリブレーション(観察)

 

人には視覚優位タイプ、聴覚優位タイプ、体感覚優位タイプがあります。(優先表象)それぞれの違いについて、ワークも含めて実感。
それぞれのタイブで、姿勢、目線、ペース、口調、使う言葉に違いがあるんです。

これを知ることで、相手に対して目的に応じた効果的なコミュニケーションがとれます。
そして、自分の優先表象(優位なタイプ)に気づき、他の感覚を使うことで、より世界が広がるのです。

 

そして、視線解析
アメリカの交渉人という映画でも視線により嘘か否かを見破るシーンがありました。そう、目の動きで内面を分析するのです。

心理学の父ともいわれるウイリアム・ジェームズが目の動きと内的心理は影響があるかもしれない。と

唱えたのですが、深く研究されませんでした。そして、リチャードパンドラーたちが統計的に調べてできたスキルなのです。カウンセラーには必須のスキル。コミュニケーション、リードする上でも役立つスキルです。

次回、3日目はサブモダリティ、アンカリングです。

 

2日目一部の感想

  • 自分自身について悩まなくなったし、他者に対してもわずらわされることがなくなった。
  • 意見の違いを無理にまとめるのではなく、相違した意見からアイデアを拡大していければと思えた。
  • 自分と他者の優先表象は違うことがわかり、他の人が受け入れやすくなったし、違いに興味が持てるようになった。
  • 体感覚をつかっていないことに気づいた。体感覚も意識していきたい。又、体感覚優位な人に合わせたコミュニケーションが意識できるようになった。
  • 優先表象の理解が理論的にでき、セミナーの受講生により使えそう。復習を繰り返して自分のものにしていきたい。

 

nlp資格プラクティショナーコース_青山ココロコート

 

NLPスクール topページをみる

NLPプラクティショナーコース1日目と感想

NLPスクール青山ココロコート、プラクティショナ―コース1日目のテーマは「ゴール」

・全体概要/NLP前提

・ラポール(信頼関係の構築)の技術

・成功の必要要素、コミュニケータモデル

といったNLPベースの理解をはかり、NLPコーチング

 

人は目標・目的に向けて反応、行動を起こします。

目標の持ち方により、より成功に導きます。

そんな望ましい目標をたてるように導くワークをデモと実践ワークで深めます。

「先が見えた」「イメージが湧いて出てきた」「目標が明確になった」

目標がしっかり定まり、現在地を知ることで、ナビゲートできます。

 

1日目の感想の一部

  • 目標が明確になり、本当のゴールがみえたことからか、依存など捉われがなくなってきた
  • 他人に影響を受けることが少なくなった
  • いらだつ事がなくなった
  • 人をコントロールしようと無駄なエネルギーを使わなくなった
  • 決めても行動はおこせなかったが、行動している自分に気づいた
  • 今までやりたいと思っていたことが本当にやりたい事なのか見直すことができた。本当にすべきことに気づけた
  • カウンセリングの仕事にとても役立てるので活かしたい
  • 自分の目標、時期を明確にしていくことの大切さを実感できた
  • 子供と関わる時に目的を意識するようにし、今まで怒ってしまう自分もおさまり、関わり方が変えられた

NLPスクール青山ココロコート

nlp資格プラクティショナーコース_青山ココロコート

 

NLPスクール TOPページをみる


テーマ:ブログ

自分を変えたい方に

青山ココロコートは、心理学に根づき、自分を変えていきたい、という方に多く受講いただいてます。

 

《家庭で:お母さん・お父さん》

・子供についイライラ

・育児に不安

・子供への接し方に不安

《会社で》

・職場の人間関係で抑うつぎみ

・プレゼンなど緊張してしまう

・部下にあたってしまう

・怒りっぽい、感情的になってしまう

《プライベートで》

・一歩引いてしまい後悔しっぱなし

・言えなくて不満を抱える

・友達関係、恋人関係が崩れやすい

《自分について》

・自信がない

・勇気がもてない

・迷いが多い、葛藤している

・決断できない

・一歩踏み出せない

・行動できない

・止めたいけど止められない

・目標が見いだせない

・モチベーションが上がらない

・悪いように考えてしまう

・心配しがち

・トラウマ、不安を抱えてる

・いつも同じようになってしまう

 

こんな自分を変えていきたい!人生脚本を変えていきたい!

という方、踏み出してみませんか

 

専属講師が、このような体験者だけに、お一人おひとりの目的を目指したサポートをしています。

nlpプラクティショナーコース_インフォメーション_青山ココロコート3

青山ココロコートでは、米国NLP™協会認定コースのほか、米国催眠療法協会ヒプノセラピスト認定コース、認知行動療法をメインとしたカウンセリング講座を開講しています。お気軽にどのようなことでもご相談ください。

Copyright © NLP SCHOOL All Rights Reserved.

PAGETOP